skip to Main Content
ギャンブル

ベルリンストリートギャンブル

ストリートギャンブルは賭けを行うギャンブルとして簡単に分類することができます。これは、詐欺市場に浸透したペテントリックの最良のものの1つです。シェルゲームはこれに関連するものです。カップとボールを使った手品のトリックで、適切なゲームをプレイするのに役に立つように、純粋にエンターテインメントとしてのギャンブルを推進する目的のために行われます。   遊び方 シェルゲームは、3つ以上の同じ形をした入れ物で、開いた方を下にして置かれます。小さなボールがこの中の1つに入れられますが、オペレータが後でそれをシャッフルするので、どれに入っているかが分かりません。多くのプレイヤーが参加すればするだけ、他の人の目の前で賭けをすることに前向きになります。複数のプレイヤーが、ボールの入った入れ物がどれかを賭けるために集められます。オペレーターは正しい入れ物を当てたプレイヤーに2倍の賭け金をオファーします。これにより、プレイヤーは賭けを続ける事になります。シェルゲームは、簡単に不正をすることができるので、詐欺のトリックとして悪名高いものです。プレイヤーにゲームの正当性を納得させるのに役立つ心理的トリックで知られる詐欺のようなシェルゲームは他にも数多く存在します。     歴史 シェルゲームの起源は、少なくとも古代ギリシャにまでさかのぼります。ヨーロッパ中世の絵画には、いかさま博打を描いたものが多く見られます。1790年代にはそれはいかさま博打と呼ばれ、クルミの殻がボトルキャップに使用され、ミシンの上で行われていました。詐欺は19世紀を通じて高い人気を誇り、ゲームは旅行客相手によく行われるようになりました。このゲームは、ウィリアム・パウエル・フリスの1858年の絵画、『ダービー開催日』の中にも描かれています。   刑務所に入れられる恐れがあることが、長い間一箇所にとどまることなく移動を続けて行われた理由です。19世紀の最も悪名高き詐欺師であるジェファーソン・ランドルフ・スミスは、米国中西部の至る所で組織化されたシェルゲームの詐欺師集団を率いた人物でした。このゲームは、観光客が多く集まる様々な場所で今でもよく見られます。お金を賭けてプレイする違法な詐欺トリックと見なされています。   ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、ランブラス通り、バルセロナ、マドリード、ベニドルム、フランス、ウェストミンスター橋、ロンドン、ベルリン、ドイツ、マルタ、イタリア、フランクフルトなどの場所で行われます。このゲームは、『ザ・プライス・イズ・ライト』ショーの中で、4つのシェルの1つに隠された小さなボールを獲得して価格を決めることで大きな賞品を獲得するプロセスに、そのアイデアが活かされています。

Back To Top